スペイン滞在記(16) Cabalgata de reyesを初体験!

Pocket

日本はクリスマスも三箇日も終わり、金曜日からは本格的にお仕事の方も多かったのではないでしょうか!!

スペインもクリスマスと元日が終わったら、フィエスタモードは終わりかな?と思っていました。

勉強不足でスペインに来てから知ったのですが、スペインのクリスマス本番は1/6なんだそうです!

サンタさんがプレゼントを届けてくれるのが主流なんだと思っていたのですが、スペインではサンタさんは来ないようです。

代わりに、ラクダに乗った東方三賢人「Reyes Magos(レジェスマゴス)」が来て、1/6に良い子のおうちへプレゼントを届けるのだとか。

悪い子には炭の塊が届くそうです。笑

でも、踊りの先生に聞いてみたら、スペインはなんでも取り入れちゃうから最近はサンタもありって言ってました(笑)。

12/25にプレゼントもらった方が、冬休み中におもちゃで遊べるからという理由もあるようです。

ハロウィンもなかったけど最近やってんだよね~とも。

楽しそうなものは取り入れちゃおう!な姿勢がちょっと日本に似てるなって思いました(笑)。

1/6の前日、すなわち1/5にスペイン各街でReyes Magosのパレードが行われます♪

前日にスペイン語の先生から「Cabalgata de reyesでググってパレードルートとか時間とか確認するんだよ!」って言われたのでググって確認しました。

スタートは16:15、セビリア大学から。

なんとなくセビリア大学に向けて歩いていたのですが、たどり着く前から道路脇に人、人、人!なのでとりあえず私もそこに混ざってみました。

始まる前からみんなテンション高い~!

パレード中は出演者がキャンディをこっちに投げてくるので、子どもたちはみんなカバンや袋をバサバサと広げながらウキウキしています。かわいい💞

パレードの様子はインスタにアップしてますので良ければ見てくださいまし★

とにかく人、人、人!

始まってからの熱気がすごかった~。

そして想像以上に飛び交う飴!!笑

山車に乗った、主に子どもたちがたくさんキャンディを投げてくれます。

とってもカワイイ…けど力加減を知らないから超いてぇ(笑)。

結構動画撮る方に夢中になって、キャンディをアグレッシブに取ろうとはしてなかったんだけど、割とたくさんゲットしました!

東方三賢人は、それぞれヨーロッパ、アフリカ、アジアからイエスの誕生を祝いに来た王たちだそうです。

パレードも、西欧とは思えないくらいオリエンタルな衣装!

アフリカを象徴した衣装もあるのですが、顔を、、真っ黒く塗っていて、、これは昨今の人種差別問題的にOKなのか?とちょっと思いました(笑)。

同じピソのオーストラリア人の女の子にその話をしてみたら「パレードはすごく良かったけど、それはマジビビった」って言ってました(汗)。

でも街を歩いていると、東京の方が多様な人種がいるような気がしたな~。

セビージャは見渡す限りほぼ白人。

アメリカでこれやったら大問題になると思うけど、アメリカと比べると人種の多様性はかなり低いから、特に差別という意識もないんだろうなと?思いました。

特にoffensiveな感じは受けなかったけど、ピソメイトの友達(黒人)は肌を黒塗りした人が歩いてるのを見るのがイヤだから見に行かないって言ってたそうで。

なかなか難しい問題ですね。

何はともあれパレードめっちゃ楽しかった!

盛り上がり方がスペイン!!って感じで、また一つスペインの文化に触れられたこと、とっても嬉しく思います★

ブログランキング

ブログランキング参加中。押してね⤵︎

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。