【カンテ】ミララカラの練習!

Pocket

こんにちは!

 

最近別でやっているライティングの比重が高まってきており、ブログの頻度が落ちまくっています。。汗

元々は物書き志望だったので、やりたいことができている状況ではあるんですけどね。

 

いくつかクラウドソーシング的なサイトに登録してみたので、それぞれのサイトに対して思ったことなどまとめて、そのうちブログで記事にしたいと思っています。

もし私みたいにスペイン行きたいけど金も稼ぎてぇ!と思っている人(スペインじゃなくてもいいけど)がいたら、参考になったらいいなぁと思い。

 

さて、今日はバイレではなくカンテのお話です☆

7年前にフラメンコを始めた教室の発表会へ、友人の応援で行くのですが。。

なんと先生からセビジャーナスは私と、あとカンテを習っている&いた2人の計3人で歌ってほしいというお達しが😜

 

なんだかんだ森先生に習い始めて5年は経過しているはずなのですが…、

一回発表会でグアヒーラの伴唱をしたことがあるくらいで、ほぼ人前で披露したことございません(汗)。

 

でもやるからには練習して臨みたい!ということで、3人でカラオケで合わせたり、実際にバイレの皆さんとギタリストさんと合わせたりなど準備を進めております😁

 

とりあえず自分一人で練習したのをアップ(画面真っ暗ですが汗)

 

久しぶりに歌をちゃんと練習した(爆!)のですが、カンテ楽しぃぃぃぃ~~~!!!!!!現象が到来中です。

セビジャーナスだけじゃなくて過去に習ったいろんな曲引っ張り出して練習することを楽しんでいます。

5年目の正直!笑!

 

なんかねスペイン語のクラスを受けたり、コツコツ学習を続けていたら、発音が向上したような気がする?!

生のスペイン語に触れるのって大切ですねー。

 

しかし、こないだ遊びに行った小倉さん主催のフィエスタでミララカラを歌ったのですが、歌い出しがいつもズレました(汗)。

これを本番でやってしまったら致命的や…

歌い出しには特に注意を払いたいと思います。

 

あとは「裏ノリ」をマスターしたく。。!どうすればいいんでしょう?

私の歌は「表ノリ」なんだそうです。涙。

こないだ小倉さんのフィエスタに行ったとき、ジャズをやっている方々もいらして、その中のお一人と話をしていたのですが、「全世界の音楽で表ノリなのって日本音楽だけなんじゃ?」とおっしゃっていました。

 

これって言葉の発音が大きく関係していると個人的には思っています。

日本語の発音って基本的に頭にアクセントがきているんだけど、西欧言語は裏に入ってるんですよね。

これ前ブログに書いたっけ?書いたような?

 

とにかくこの症状を緩和させるためには言語を学ばなければならないというのが私の持論です、が、他にもやり方はあると思います。

 

表でリズムとってると全然フラメンコに見えないし聞こえないから…、やっぱり裏を感じ続けないといけないですね。

 

フラメンコひとつとっても複合的に様々なことを学ばなきゃいけないし、本当に大変です。

でも、そこが楽しいんだけどね!!

何事も継続が大切で、継続の結果がいつか実になって自分に返ってくる日を楽しみに、毎日コツコツ頑張りたいと思います。

 

やっぱり人前に出るとなると頑張るし楽しくなってきますね!

このような機会を与えてくださった先生に感謝です☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。