ハビエルとリナさんのインタビュー動画を観ました♪(Q&A翻訳)その2

Pocket

こんにちは〜

 

引き続き以下の動画のQ&Aを翻訳していくぞ!
翻訳業界(翻訳者ではない)に一応身を置いているから、こういう作業めちゃ楽しす☺️

では、続きを書いていきます〜

I:インタビュワー
J:ハビエル
R:リナさん
です!

 

***
I:リナ、あなたは日本で生まれたのよね?


R:そう。


I:フラメンコは日本で始めたの?


R:私はティーンエイジャーの時に、交換留学生としてアメリカに移住したの。大学、就職もアメリカで、就職した時にフラメンコも始めたのよ。


I:じゃあ、どこでフラメンコを始めたの?


R:ジョージア州アトランタだよ。


I:人生で初めてフラメンコを観たのは、アトランタでってこと?


R:そうかな…、あ、違う。もっと前に観たことがあった。お母さんがいろんな文化に触れるのが好きで、アントニオ・ガデスのショーのチケットとかを買ったりしてた。
私は人生の中で、長い間、もしくはずっと続けられる何かを探していて。それでフラメンコに出会ったの。ダンスは元々好きだったからね。
例えば、HipHopとかは、60代、70代ではなかなか踊らないでしょ?


I:そうよね。フラメンコのいいところは、歳をとっても踊り続けられること。そしてフラメンコの形として、より成熟した(高齢の)ダンサーたちが尊敬を集めていることね。

 

これはZoomでの番組だったので、リアルタイムでQ&Aが参加者から寄せられていました。以降、参加者からの質問です。
これはQ:としたいと思います〜。

 

Q:フラメンコがポピュラーなスペインの地域は?


J:フラメンコはアンダルシアで生まれた芸術だよ。セビージャ、カディス、ウトレラ、ヘレス…この辺りかな。そこからいろんな地域に広まっていった。
アンダルシアを除いたら、マドリードやバルセロナでも人気だね。カルメン・アマジャはバルセロナ出身だし、サビーカスも北スペインの出身だよ。

 

Q:ハビエルとリナの、アーティスト同士としてのパートナーシップは、どのようにして始まったの?

 

I:二人は実際にカップルでもあるし、100%のパートナーよね。

 

J:リナとパートナーな理由は、彼女がグアパだからだよ(笑)。僕と一緒にいてくれることが不思議だよ。


R:ハビエルと私は、長い間友達だったの。アメリカに住んでいたときは、毎年セビージャに遊びに行っていた。ハビエルとは、アメリカの友達を通じて知り合ったの。それから、セビージャに行った時には挨拶したりして。
アトランタで、フラメンコワークショップをオーガナイズしていた時があって、その時にハビエルも呼んだりしていたよ。
その後、セビージャに住もう!と決めて移り住んだ時に、自然と、、カップルになってた(笑)。
昔、よくハビエルに、「僕と一緒に仕事しよう!」と言われたりしてた。だけど、私個人に直接仕事のオファーが来るならいいけど、ハビエルのパートナーとして出演するのは嫌だと断っていたの。ハビエルとカップルであるっていうことを利用して、ステージには立ちたくなかったから。
でも、日本やアメリカで仕事をしていくにつれて、少しずつスペインでも機会に恵まれてきたかな。
***

またもや長くなってしまったので、続きはまた次回!

ブログランキング

ブログランキング参加中。押してね⤵︎

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。