舞台メイク講座の備忘録

Pocket

所属のフラメンコスタジオで、舞台メイクの講座を受けてきました!

前のスタジオでは、先生じゃなくて先輩にしか習ったことなかったし、化粧の仕方もスタジオによって違うんだろうなと思って受講することに!

結論としては、すごく良かったです~↑↑

やっぱりメイクの仕方が全然違う~!!一人だけ全然違うメイクしてたら浮いちゃうので、それがまず良かったです。。笑

ノート代わりにブログを書きます!!

1. ベースのファンデを濃いめに塗る。

私はドウランを前に買ったのでそれを使いましたが、市販のクリームファンデでもイケるとのこと!!これはとてもありがたい。私もクリームファンデに移行しようかな…。肌への負担を考えて…。

スペイン人らしくちょっと濃いめの色?というか、あんまり白くならないようにとのことでした。確かに普段の化粧だと白浮きしちゃうこととかあるしね。。笑

そしてもう一段階くらいファンデやパウダーで顔まわりをはたく(小顔効果)。

2. 眉毛を描く

なかなか眉毛を描くのは難しいんだけど、、眉頭はちょっとぼかす感じで。黒と茶のペンシルを使い分けて、黒で大体の輪郭を描いたら茶色のペンシルでぼかす?

ブログ載せようとか思ってなかったから犯罪者風のヒドイ顔してるのでスタンプで隠すw

左が私が適当に書いた眉、右が先生が途中まで描いてくれたやつ。

眉山がきゅってなってるとおしゃれな感じだよねー。こうゆう眉毛にしたい!!私の描いた眉毛は、、濃くて野暮ったいな…。やっぱり…。

3. アイシャドウを塗る

薄めの色でアイホールに塗り塗り。そのあとまぶたの真ん中らへんを濃いめの色で。眉尻の下の部分にちょっと白など明るい色を入れるといいらしい。目頭にキラキラな明るい色のシャドウを入れると可愛くなる。

4. アイラインを入れる

上に跳ね上げる感じで!前の教室はめちゃくちゃライン濃くしてた(二重の線までぬりつぶす感じ?)んだけど、こちらのお教室ではそんなに濃くしなくてOKって感じでした。跳ねあげ部分は、茶色のペンシルとかも使って少しぼかす。優しめになるらしいです。

前の教室と一番違ったのがアイライン!前のお教室では、目の下1~2mm間隔をあけて、黒のラインをびーっと引く感じだったのですが、今回は普通に粘膜下の部分を茶色のペンシルで引いて、目尻(下)のところを黒のペンシルでも引く。あと赤を入れると優しくなってGOODとのことでした。

5. その他(細かく書くのめんどくなってきた 笑)

ノーズシャドウ入れる。チークは、頬骨にそって。輪郭部分も少し。

髪の毛は、モニョの作り方は楕円形がキレイ~とのことでした。私はダウンスタイルで踊る予定ですが!

前髪を少しとってクルッと丸めてピンで留めるのが可愛かったです~。

はい、出来上がりはこんな感じです!相変わらずガンつけてる!!!

前髪、ちょっと崩れちゃったけどこんな感じでくるくるとやるみたい。下から上に向かってくるんと!2つくらい作ると可愛いみたい。アイタナ・デ・ロス・レジェスがやってるの見たことあるかも!

ウンウン舞台メイクといえどもこっちのがナチュラルでいい感じかも~!

今衣装作り中なので、届いたら全部セットアップして確認してみよう♪楽しみです♪

意外とヒターナっぽくていいんじゃないでしょか!

発表会が6月なので、それまでにもうちょいレベルアップできたらいーな…。予想より会社の人が来てくれるからちょっと焦るw

ブログランキング

ブログランキング参加中。押してね⤵︎

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。