【感想】アギラール・デ・ヘレスのオメナへライブ

Pocket

2015年に亡くなったアギちゃんの追悼ライブへ行ってきました~@カサ・デ・エスペランサ。アギちゃんは、1回だけですが、ソロの発表会で大変お世話になった素晴らしすぎるカンテさん。私のへったくそな踊りなんて、もうアギちゃんから見たらゴミにしか見えないと思うんだけど、「もっとこう!!」「女性らしさが足りない!!!」と熱く教えてくれたな~。あの笑顔が大好きでしたT_T

ソロライブで招待したお客さんは全員、「あのおじさん凄すぎる!!!」と言ってました(笑)。みんなアギちゃんの魂の歌声に超感動してた。

そんなアギちゃんが生前親交が深かったアーティストさんが今回のライブで演奏されました。いや~、上手なバイレさんってたくさんいらっしゃるんですね!!!最近あんまりライブ観てないし、観たとしても決まった人のばかりだから知らなかったけど。どれも素敵でした♡

さて、一部で印象に残ったのは公家千彰さんのシギリージャ。とにかくパリージョが凄すぎます!!カスタネットだから、やっぱりピアノみたいに音色を奏でられるわけじゃないと思うじゃない。でも上手い人のパリージョからはその人の魂、音色を感じます。感情が伝わってくる感じ。心にグッときました。本当、観てると鳥肌がゾワーって立つんだよねー。あれはなんなんだろう。頭で「すげー」って思ってなくても、鳥肌がぞわぞわ立ってくる時ってあって、そういう時は、「ああ、思考が追いついてないけれど、私は今感動しているんだ」と後追いで判断します(笑)。そんな鳥肌場面がすごく多かった。やっぱカスタネットもっとうまくなりたい~!!!!あとカホンのホセ・コロンさんとの掛け合いが良かった。こういうところがフラメンコだよねぇ。うんうん。

二部は、スペインから来たアギちゃんのご友人、ベゴーニャ・カストロさんというバイレさんがトリでティエントを踊られました。なんだろう、このノリは‥!!ナチュラルにさらっと踊ってるのに、タンゴなの。恐ろしい。あと踊ってる時に「エッソエ~」とか声に出して言うんだけど、それもかっこいいんです。真似できないわぁ。なんでしょう。あの場を支配する存在感と言いますか、リーダーシップなのかな?シギリでも感じたけど、音楽に踊らされてるんじゃなくて、踊りが先導して音楽を作っていってる感じがするの~。不思議な感覚。そういうところに感動するんだよねぇ。あれは、何?何と呼べばいいんだろう。表現力ってそういうところなのかな?心にグイッとくるよね。

タンゴはさすがのノリ。1、2、3、4ってカウントなのに、どうしてこんなに違うのだろうか?私のタンゴはタンゴじゃねぇ(笑)とギターさんによく言われるんで、目を皿のようにして(?)舐め回すように見ました。。笑。。

踊りのときはクールな顔でかっこよかったけど、踊り終わった後の笑顔はピカイチで可愛かった。笑顔が可愛い女の子っていいよな~(げへへ)。

飲み物はサングリア頼みましたがとても美味しかった♪

一人で行ったので、間際に来て終わったらサクッと誰よりも早く帰りましたぁ。単独行動大好き♪(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。