【ソレア】練習記(7)

Pocket

こんにちは!会社の人がこないだの台風で行き倒れていたオカメインコを保護し、現在里親を探しているそうで、「ちょっとどん臭くてかわいい子ですよ。さえこさんどうですか?」って聞かれてまじで悩んでいる今日この頃です。

オカメかわいいよオカメ。

ほっぺがピカチュウみたいでたまらない。

だけど12月から3か月スペイン行くし、4年前のうちのわんこの死から未だ立ち直っていないので、もう動物を飼うのはやめようと決めたんだ。。。

まぁそれはさておき、ついに今週土曜日にライブが迫ってまいりました~☆

この間練習で撮った動画をアップしま~す。

今回は100均で買ったスマホ用3脚を使ってみました!!

ダイソーのは結構丈夫そうな感じ。

セリアのも前買ったけど、1回使って折れた。ダイソーのはまだいける。

さて、踊りは前と比べるとだいぶ良くなってきたんじゃないかな?!6月の発表会のDVDを見ると、本当みっともない感じだったんだけど、ちょっとは軽減できた感じかな。

このライブまでに3回先生の個人レッスンを取りました〜。

やっぱり個人じゃないと習えないこともあるし、先生からも「クラスでも思ってたけど〜」っていう指摘が結構もらえるし、できることはやろうと思ったので取ってよかった。

1on1にならないと、クラスでは言ってもらえないこと結構あるのだよねぇ。

まだまだできてないところ山積みなんだけど、まぁ追い求めて行くとキリがないのでね、先生だった言いたいところはまだ死ぬほどあると思うけど、今回できることころはここまでと言った感じ。

この動画だとまだ個人レッスン2回目取り終わった段階のものなのですが、

・エスコビージャのアセントをしっかりと出す。足の衝撃が腰に伝わるくらい強く

・お腹に常に力を込めてるけど、形が崩れるのでお腹を伸ばすところは伸ばす

ていうのが3回目の個人レッスンでの課題だったかな。

腹に力を入れてればいいのかと思ってたけど、やっぱ時と場合によるみたい(笑)。

臨機応変に力の入れ方とかを変えなきゃいけないのも難しいところ。

今回のこの振りではどういうときにどうするっていうの一通り習ったから、なんとなくわかるけど、別の振りや別のヌメロになったらまたわっかんないんだろうなぁ。

こういうのはトライ&エラーを通して学んで行くしかないんでしょうかね。

そういえば先日ライブを観に行ったのですが、市川幸子さんがソレアを踊られていたのがそれはそれは素晴らしく、ソレアってこうやって踊るんだなぁ~と感銘を受けました!!

そういう目で見る体験というのも積み重ねていけばいつか自分でも体現できるかなぁ。

いや~本当マヌエル・タニェの歌も超盛り上がってたし、エミリオのギターも最高だったし、あのソレアはすごかったなぁ~。

ソレアってあんまり動かないのがカッコいいよね。

あまりキラキラと飾り立てない、土臭い純朴な美を感じます。

でも動かないのに踊りとして成り立たせるというのは、相当なスキルが必要だよね。私だとただ止まってる人になっちゃうもんな~。

まぁ人生経験的なものもあって、私はソレアをちゃんと踊れるようになるのは当分先ですかね。

タラント→ソレア→シギリージャ→タラント(今ここ)ときてるから、明るい曲がやりたいなぁ。

年齢的にもアレグリアスとかグアヒーラとかの方が合う気もしている。

ソレアやシギリを始めとした重いディープな曲を踊るには、人間的な深みが足りない気がするのよね~。

やっぱり人生のステージを上がっていきつつ習得していくもの、って思うかな。

まぁ~同年代と比べても私は人生経験に乏しい方だと思うけど。失敗が怖くてあんまり動けない。

いや、フラメンコやったりなんだかんだいつも忙しなく動き回ってはいるのだけど、深い部分での行動力が足りてないかな。

失敗が怖いし、失敗すると「やっぱり私なんかがこんなことしようとしたのが間違ってたんですよね」思考にループインしてしまってしばらく戻ってこられないので^^;

そこらへんも徐々に直していかないといけないポイントですねぇ~。

徐々にとか言いつつ来年30歳を迎えてしまいますので、早急になんとかしないと!!

もう子どもぶっていられない。立派な大人だ。

まぁ、何を選択してどう生きたとしても、常に悩みは尽きないんだろうな。

でもそうやって悩んで行く過程も人生にとっては意義があることなのでしょうね。

今もこの先の人生をどうやって生きていこうか悩んでるけど、この先の全てのライフステージにおいて悩み続けて、悩みながら死んでいくし、それが人生でありソレアでありシギリージャでありアレグリアスであるということですね!!笑

ブログランキング

ブログランキング参加中。押してね⤵︎

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。