スペイン滞在記(19) ソレア練習記 その2

Pocket

ソレア練習記その2です。

と言っても、予約したレッスンが2週間だったので、これで終わりです(汗)。

この学校のことは別記事で書きますが、みんなすごく親切だしとても良かったので、2月に舞い戻ろうか検討中でございます。

本当に色々大事なことを教えてもらいました!!

特に言われたのは

・恥ずかしがりすぎ。ちゃんと前を(鏡の中の自分を)見ること

・肩に力が入りすぎてる

・ソレアの音の伸びがない

・腕も踊りの一部。動いていない手はファルダを持ったりすること

でした。

あと腕を上から下げていくとき、前回の記事のように上から下に一直線な下げ方をしてたら「No me gusta」と言われました^_^;

頭から胴体をなぞるように下げなさいとのこと。

レッスン最終日に先生が私が踊ってる姿のビデオを撮ってくれました~

最後にビデオを一緒に観ながら、「ここは良かった」「ここは良くなかった」というのを教えてもらいました。

歌振りはすごく良くなったって言ってもらえた(わーい)のですが、

・最初に歩くところ、やっぱり俯いてる

・歌振り前のパルマ叩くところ、肩に力が入ってる

と言われました。確かに。。

今回は腕の下げ方がビエン!と言ってもらいました。

あと要所要所でちゃんとファルダ持ててるねと^^。

あ、そうそう、先日いつも履いてるミニーちゃんのスウェット下を履いて、その上にファルダを履いてたら「それやめろ」と言われました(笑)。

そもそもデブに見えるし(笑)、ファルダを持つ瞬間は一瞬なのに、下にそんなの履いてたら持ちにくい!と。

ちょっと外してるから脱いでおいてと言われましたので脱ぎました。

あとエスコビージャが必死になりすぎて(ぐちゃぐちゃだし😭)、腕が全然使えてないことを注意されました(汗)。

リズムに関しては一朝一夕でできないので、練習が必要です~。

あとやっぱパルマがちゃんと叩けないといい踊りは踊れないので、パルマの練習しなさいねと言われましたね。

おかげさまで歌振りについては前よりだいぶソレアらしさが出てきたような気がします!!嬉しい!!

この学校でカスタネットの個人も取りましたので、その件もまた別記事にて書きますね~!!

そういえば、「シャイ」ってスペイン語で「timido」って言うんですね。

英語でtimidっていうとどっちかって言うと怖がりみたいな印象があったので、「timidoだね」と言われて、意味を勘違いして違うからと言ってしまいました(笑)。

確かにシャイではありますね。

うーん良い授業でした!

1月は別の場所でクラスを受けていますが、2日目にして落ちこぼれ気味です!!笑

みんな覚えるのはや~。

振り覚えが早いことだけが自慢の私だったのに、ぜんっぜんパソ取れない…。

自分の中のリズムが弱いのが原因かな…。

ブログランキング

ブログランキング参加中。押してね⤵︎

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。