スペイン滞在記(37) カンティーニャスconマントン練習記 その1

Pocket

2月はセビージャの踊り手「Choni」にマントンを習いました〜!!
夕方は人が少ないらしく?最初の2週間は生徒が私を含めて2人だけ。
私だけだったら開講されなかったから、良かった汗。

マントンは数年前に少しやって、「こ、これは凶器になりうる…」と感じたくらいの出来です(笑)。
やってるうちにマントンが丸まってきちゃって、、人の目に当たったら失明するよね。。怖い。。。汗。。。

でもなんか少し身体の使い方が改善されたのか(?)、その時よりはマントンが凶器に変わる瞬間が減りました(笑)。

マントンクラスでは、カンティーニャスをやりました!!
マイテ・マルティンの「Sal de Aqui」という曲に乗せて。


冒頭部分のギターがとても好き♪
歌声もいいよね〜。ハスキー&セクシーな感じで・・・。

Choniの踊りは超エレガンテで、一目で大好きになってしまいました!!
次セビージャ来るときもChoniのクラス絶対受けたい。
人数が少なくて、かつ生徒のレベルが全体的にそんなに高くなかった・・・という要素も大きいのかもしれないけど、とても丁寧に優しく教えてくれました。

バタのクラスも1週間だけ彼女の受けたのですが、とても楽しかった〜。

パリージョも教えてるみたいで、今度パリージョも彼女に習ってみたいなぁ。

Choniのアレグリアスconマントン(ちょっと音響が悪いけど)

そして2週間くらい前の動画だけど、習った振り付け動画をブログにアップ!!
ああ〜、懐かしのEstudio Sol。セビージャに戻りたい…

この動画ではサリーダ→1歌→2歌までを撮っています。
これからさらにちょこっと足を入れて、シレンシオに入って、カスティジャーノまで習いました。
日本に帰ってからになりますが、またこれも全部動画に撮ってアップしたいと思います!!

時間がなくて振り付けはできなかったんだけど、カスティジャーノの後はエスコビージャやって、ブレリアやって帰る感じみたいです。

エスコビージャではマントンを床に落とすのと肩にかけるパターン2つあるけど、Choniは床に落とす方が好きみたいです。なのでそっちのパターンを習いました。

また、クラス中にアレグリやバンベーラでも使えるよ、といろんな曲をかけて踊ったりしました。

こないだビジャマルタでマリア・パヘスのマントンに超感銘を受けたのですが、、上手い人がマントンさばくと、まるでマントンが意志を持った生き物かのように動くのね!!
私のマントンさばきは、さながら5歳児がおもちゃの犬をズルズルひきずる化のようだけど、Choniのおかげでマントンが超楽しくなってきちゃったので、頑張って練習したいと思います!!!

マントンにせよバタにせよ、大きなスペースが必要ですね〜。
あんま足打てないけど安くて広く使えるスペースに日本で当てがあるので、小物系はそこでコツコツ練習する予定!
予約が入りまくりでなかなか取るの難儀だけど(汗)。

ブログランキング

ブログランキング参加中。押してね⤵︎

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。